ららぽーと東郷で”ドラムに会いに行こう”イベント@VIVANTに行ってきた!

当ページのリンクには広告が含まれています。
ららぽーと東郷で”ドラムに会いに行こう”イベント@VIVANTに行ってきた!

2023年9月9日(土)・10日(日)の2日間にららぽーと東郷で「VIVANTのドラムに会いに行こう」イベントが開催されています。

予想はしていましたが、ものすごい人・人・人!

ドラマの中では、いつもニコニコしてて、スマホの翻訳機(?)の声(林原めぐみさんという声優さん)が合っていて、すっかりファンが増えましたね。

でも、ドラムってどんな人なのか知らない人は多いんじゃないかと思います。

この記事では、VIVANTの「ドラムに会いに行こう」イベント@ららぽーと東郷の状況とイベントで一躍有名になったドラムのことについても、触れていきます!

目次

VIVANTの「ドラムに会いに行こう」イベントってどんな感じ?

ららぽーと東郷での「VIVANTのドラムに会いに行こうイベント」は野外でのドラムと握手&写真撮影会と、店内2階で「VIVANT小道具展示会」が開催されました。

メインイベントはドラムと会える&握手&一緒に写真が撮れることです。

VIVANTのドラムと握手&写真撮影

「ドラムに会いに行こう@ららぽーと東郷」でのイベントは、9日(土)は11時から、10日(日)は10時から整理券が配布されました。

整理券というのは、【ドラムと握手&写真撮影会】ができるというもの

でも、1人1点以上のVIVANTグッズを購入した人に限るというルールがありました。

9日(土)はららぽーと東郷は朝の10時開店、駐車場が朝の8時から駐車できるようですが、ツワモノがいた!

なんかね、1番目に並んだ人は朝の4時から並んでたんだって!

そりゃ、8時前に整理券の配布終了するわけだ💦

私はというと、朝の7時にSNSを確認したときは、すでにほぼ整理券配布終了だったので、1回目の握手&撮影会に間に合えばいいかな~ぐらいで、11時すぐに自宅を出発!

ららぽーとまでの道路は混んでいなかったので、思ったよりすんなり駐車場まで入れた感じです。

しかーーし‼

会場(ららぽーと東郷は外だったんです💦)にはすでに人だかりが出来ていました。

えっ?まだ12時だけど?

1回目のイベントが13時からだったので、みなさん1時間以上も場所取りのために炎天下のもと、水分補給しながら待っていて、あらためてVIVANTのドラマの影響力ってすごいなと感じましたね。

私も妹に頼まれてイベント会場へ行き、正直「炎天下で40分待ちか~うえぇ~💦」と思いましたが、元Dヲタの意地でがんばりましたっv( ̄Д ̄)v 

思った以上に、ドラムのサービス精神さが際立ってました。✨

めちゃいい人そう(*’▽’*)♪

整理券をゲットした人との握手&撮影会の前に、ドラムが一人でいろいろとポーズを取ってくれたり、整理券をもらえなかった人へもたくさん手を振ってくれたりしたので、写真や動画は撮れました。

だから、整理券がなくても写真や動画を取るだけなら十分可能です!

あ、イベント中のドラムは、ドラマの設定と同じく喋りません!笑

スマホは持ってましたけどね。

2階の小道具展示会場

ららぽーと東郷の店内に、小道具の展示もやってたから、それだけで来てる人もたしかに多かったイメージ。

小道具の展示品は、こんな感じ↓↓

チンギスと乃木憂助(堺雅人)の衣装です。

乃木さん(堺雅人)と野崎さん(阿部寛)の名刺と、乃木さんの社員証です。

乃木さん(堺雅人)のカメラと、ドラム(冨栄ドラム)のドラです。

他にも、洞窟の模型だったり、テントのフラッグが飾ってあり、最後にはドラムの等身大パネルまでありました。

私は一人だったし、等身大パネルと一緒に写真を撮るのは、恥ずかしくてスルーしちゃいました💦

まだまだ、イベントは続くようで、その他のスケジュールはこちら。

まだ、関東・関西のイベントを控えているようです。

   

VIVANTのドラムってどんな人?

超かわいい、超かわいいドラム

日曜ドラマ【VIVANT】に急に現れたドラム。

ドラムって何してる人なの?どんな人なの?って興味ある人おおいんじゃないでしょうか。

ドラムについて、いろいろ調べていくうちに面白いことがわかりました。

ドラムのプロフィール

日曜ドラマ【VIVANT】の中では、「モンゴル人で日本は理解できるけど、話すことができない」設定でしたよね?

お顔立ちからも、みなさんはドラムのこと、本当にモンゴル人だと思い込んでる人が多いようなんです。

でも、実は純日本人なんです!

芸名は「富栄(とみさかえ) ドラム」さんといい、神戸市生まれの日本人で、現在はYoutuberとして活躍しているとのこと。

YouTubeでは、もちろん喋ってるから、必見♪

むーママ

ドラマ出演は、今回が初めてじゃなくて、2022年ぐらいから、ドラマにでてきたみたいなのよ。

因みに本名は「冨田 龍太郎(とみた りゅうたろう)」さん。

詳しくは、ウィキペディアを参照くださいね。

   

ドラムは元力士だった!

ドラムの体形から、なんとなく想像がついた人も多いはず。

そう、日本の国技「大相撲」の元大相撲力士だったのです!

現役当時の四股名は富栄(とみさかえ)で、自身のケガやいろいろな理由により、2021年3月場所を最後に大相撲界から引退しています。

引退後はしらばく本名の「冨田 龍太郎(とみた りゅうたろう)」の名前で活動していましたが、今回の日曜ドラマ【VIVANT】撮影前に姓名判断した結果、「富栄(とみさかえ) ドラム」の名前のほうがよかったという理由で改名したようです。

むーママ

四股名がそのまま芸名に使われたみたい。
思い入れがある名前だし、なにより大相撲会での名前も浸透しているから宣伝にもなるね。

   

VIVANTのドラムの役について

日曜ドラマ【VIVANT】でのドラムの役って、強烈なキャラですよね。

まず、「なんで日本語をしゃべれない設定にしたのか?」

最初、福澤監督はドラムが普通に会話する設定にしてたようです。

しかし、ドラム役の富栄ドラムさん(ややこしい。笑)が、モンゴル語の発音が全くできなかったことで急遽、今の設定にしたんだとか

監督自信が、ネットのインタビューで答えていました。

じゃ、スマホ翻訳機を使いながらのニコニコ笑顔でかわいらしいキャラ作りはどうやって考えられたのか

これについては、ドラムさんと演出担当の宮崎さんで決めたとのことです。

因みに、参考にしたキャラクターは「ミスタービーン」と「ちいかわちゃん」だそうですよ!

むーママ

ドラマの中でドラムが持っているスマホの待ち受け画面も、”ちいかわちゃん”なんだって!

    

まとめ:VIVANTのドラムに会えるイベントは、ドラマのイメージどおりだった!

今回、2日間に渡って開催されたイベント、「VIVANTのドラムに会いにいこう」がららぽーと東郷で開催されました。

地元のショッピングモールで開催されるイベントとは、ちょっとケタ外れな人だかりに、驚きました!

わたしは一人で参加しましたが、イベントでの場所取りをするときは、複数人で行ったほうが何かと便利です。

場所取りする前に、お水など水分を用意してから待ちましょう。

\2023年12月27日発売決定!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

愛知県在住。
愛猫とともに独身生活を思いっきり楽しんでいる50代。
毎日笑顔でいたい(*'▽'*)♪
見た目はおばさん、心は子供‼
『楽しい♪』と思ったことを紹介しています。
みんながハッピーになりますように☆彡

コメント

コメントする

目次